店舗を守りたいなら鍵屋に相談!効果的なものとは?

セキュリティ性の高い鍵はどれ?~防犯意識を高めよう~

鍵屋には様々な種類の鍵が販売されています。鍵の交換を検討する際は、店舗の規模等を考慮した上で適切な種類から検討しましょう。

ピッキングは簡単にできる
一般的に使われているシリンダー錠というものは、ピッキングがしやすいため店舗に泥棒が入る危険性が高いと言えます。また、紛失した鍵を使って開けるだけではなく、特殊な道具があれば簡単に侵入できるのです。被害を防ぐために効果的なものとして、カードキータイプのものがあります。ホテルでも広く使用される鍵で、鍵穴がないためカードキーがないと開けることが難しいです。店舗ならカードキーの導入が好ましいでしょう。
セキュリティ性の高い鍵とは
シリンダー錠の中にも防犯性の高いものがあります。ディンプルシリンダー錠というのは鍵の表面にくぼみがあるもので、通常行なわれるピッキングの方法では開けにくい作りになっています。他に、マグネットタンブラーシリンダー錠というものは、鍵の側面や表面に磁石が使用されたものです。一般的なシリンダー錠は内部の凹凸に鍵の凹凸が組み合わさることで開錠されますが、マグネットタンブラーシリンダー錠は磁力の配列がぴったり合うことによって開きます。

鍵屋に聞く~鍵の交換におススメの種類~

鍵は直接紛失しない場合でも、色々なトラブルが起こりやすいアイテムです。安全性と使いやすさの両方を兼ね備えたタイプを選ぶことが大事です。ここでは鍵に関して知識を豊富に持つ、プロの鍵屋からおススメのタイプの鍵について聞いてみました。

紛失リスクを解消するならコレ!(40代/鍵屋店員)

防犯性の高い鍵に交換しても、鍵を使用している限り紛失する危険性や鍵を盗まれる危険性があります。より店舗の安全を守りたいと考えるなら、施解錠の際に鍵を使わないタイプを選びましょう。鍵を持たなくていいタイプなら鍵を悪用される心配はありません。このタイプには何種類かあり、指紋認証のタイプは登録した人にしか開けられないので、泥棒の侵入を防ぎます。しかし、店舗の従業員が多い場合は、登録した人しか開けられないタイプでは不便を感じることがあります。そうしたケースでは、暗証番号を使ったものが最適です。従業員のみに暗証番号を教えることで、従業員が使いやすく防犯性も高いものになります。また、番号が漏れるのを防ぐため、定期的に番号を変更することも大事です。

TOPボタン